恒星の移動を確認~!

先日撮って以来、画像処理の練習台となってくれているIC2177かもめ星雲ですが、ネット上の先達さんのいろんな作例を探しては見比べて参考にさせてもらってました。
そうしたところ、かもめ星雲の頭部であるSH2-292を強拡大して見比べていた時に、動いている星を見つけました。他のいくつかの作例でも確認しましたが、恒星で間違いないと思います。古い画像程位置のズレが大きく、年々、周囲の他の星に比べ天球上を南へ移動しているようです。

そこで、撮影日の記述のある出来るだけ古いSH2-292の画像をネット上を探し回ったところ、非常に解像度の高い素晴らしいリファレンス画像を見つけることが出来ました。先日のわたしの画像(トリミングしたもの)と2枚を貼っておきます。

ちーすけ撮影のSH2-292(かもめ星雲頭部トリミング)
IC2177トリミング1-J.jpg
撮影日 2019年11月26日


素晴らしいリファレンス画像 (http://www.mistisoftware.com/astronomy/Nebulae_ic2177.htm より)
ic2177_050201_2000.jpg
撮影者 Jim Misti 氏 (HP http://www.mistisoftware.com/astronomy/index.htm
撮影日 2005年2月1日

HP上に連絡先が無く、Jim Misti 氏 ご本人には連絡することが出来ませんでした。ということで、この画像は無断での使用となってしまいました。申し訳ございません。ブログ上にて出典としてご紹介することで、何卒お許しいただきたいと願っております。
HP上では最高解像度の画像のダウンロードの案内もあるため、お言葉に甘えさせていただければとの思いです。
Jim Misti 様、どうもありがとうございます。感謝!
Thank you very much , Jim Misti !

それぞれを別の新しいタブで開いて、交互に切り替えて表示させると、画面右下にあるオレンジ色の星が移動している事が分かり易いと思います。
北極星の移動など、赤道義の設定で親しんでいるので、恒星がそこそこ動いて行くことは知ってはいましたが、撮影した写真の中の恒星が移動しているのをはっきりと確認できた事には、とても驚きました。

おおよそ14年10か月の間にこの見かけの移動が起こったということです。この星だけが動いているのでは無いわけで、天球上のすべての星が移動していることからして、実は大したことではないのでしょうが、パッと見て非常に感動したのでご紹介いたしました。

ちなみに、SkySafari で調べたところでは、このオレンジ色の星は カタログナンバー HIP34104 という10.9等の恒星で、距離は52.3光年のとても近い星でした。近いこともあってか、見かけの移動速度が 0.823秒/年 と、とても移動の速い恒星でした。
ということで、納得いたしました~。

試しにフリーのサイトでGifの動画にしてもらいました。
xrScSwKc54mlkjUwYxOh1575933639-1575933720.gif
解像度低くなって、チカチカして、みにくいですが、分かり易いです。
とりあえず、しばらくご覧いただければと貼っておきますが、
落ち着かないので、後日、削除もしくは何かしら変更するかもしれません・・・。

忘年会でした~。

昨日は所属している天文同好会の忘年会でした。
時のたつのを忘れ、深夜まで楽しく飲んでまいりました。
皆さんありがとうございました。

いや~、旨い肴に楽しい天文談議で、ついつい飲みすぎてしまいました~。
今日は夕方になっても、まだ二日酔いです・・・。

さてさて、
昨夜の忘年会で、画像処理のワンポイントをまた教えて頂きました。どうもありがとうございました。忘れないうちにと、二日酔いの寝ぼけた頭で、ちょっと試してみたところです。備忘録かねて書いておこうと思います。

テーマは、教えて頂いた大気差による色ズレの補正と、もう一つ色収差による色ズレの補正です。
先日撮ったIC2177の写真の右上隅部分から、カラフルな星がある部分を切り出しました。
左上ic2177-大気差補正-色収差補正-J1000.jpg
左が補正前、右が補正後です。

まず、大気差による色の滲みを、教えて頂いたSI8を使う方法で補正しました。そうしたところ、今まで気にしてなかった色収差が目立つような気がしてきてしまい、これをSI8で何か方法がないか普段以上にまわらない頭でしばらく考え試してみましたがうまくいく方法が見つかりません。そこで、TOAを買った時にお世話になった星基地AKBのIさんから教えて頂いたフォトショップでの補正方法を試してみました。
大気差の色ズレは比較的に全面で均等な出方をしてますが、ぴったりとまでは行きません。写野の中でも高度によって影響が異なりますし、長時間露光ですから、高度、角度も変化するので、仕方ないでしょう。また、レンズの色収差の出方も影響の大きい四隅でそれぞれ微妙に異なるので全面ピタリとはなりませんでした。補正不足や過剰がいろいろです。
ですが、全体としては整った星像に近づいたと思います。教えてくださった先輩方、どうもありがとうございました。今後、有効に活用させてもらいたいと思います。

忘年会で、画像処理に関する話はもっとあったと思うので、教えて頂いたのは大気差補正のワンポイントじゃなかったとは思うのですが、残念ながら、しっかり覚えていたのはそれくらいです。何せ酔っ払いだったもんで、それらについては、また再度教えて頂かないとと思っております。どうぞ、よろしくお願いいたします~。



カリフォルニア星雲 なんちゃってモノクロ仕上げ・・・

11月23日に行ってきた近場の公園では、かもめ星雲の他にもう一つ、カリフォルニア星雲も撮ってきていました。
ブロードバンドでは赤いだけで面白みがかける星雲との噂をよく聞く対象ですが、それを自身でも試してみたくて撮ってみました。ところが、撮ってははみたものの、HEUIBIIフィルターを入れた0.7XRD焦点での撮影がどうも初めてだったらしく、PCの中をいくら探してみても使いまわしのフラット画像が有りません。以前に撮った気がしたんだけれどなあ~・・・。そのため、ずっと放置したままでした。

結局、まだフラットを用意出来てないのですが、どんな写りなのかザッと見てみたくて、とりあえずフラットなしで重ねてみました。やはり周辺際の減光がかなりきついです。それでも簡単に炙ったりしてみたんですが、噂は本当で、今のところきれいに見れるような画像にはできそうにありません・・・。

それでもとりあえず、何か遊んでみようと、中心部をAPS-Cくらいにトリミングして、おまけにモノクロ仕上げにしてみました。惰性で貼っておきます。
カリフォルニア-mono.jpg
TOA150B+TOA35RD0.7X EOS 6D(HKIR改造)HEUIB IIフィルター iso1600 300secX38 トリミングした上でモノクロ仕上げ

モノクロの方がコントラストが付いてくれて、ガスの陰影や暗黒帯の模様はカラーよりもみやすくなりました。パッとしないカラー画像よりも、こっちの方が少しはキレイかも?!

さて、時間がある時に、フラット画像を用意して、フルサイズカラーで仕上げようと思っています。ただ、撮り忘れたフラットを取り直すには星でピント合わせしないとと思うので、晴れの晩を待たないといけません。当分こちらの天気予報は曇り雨、そしていよいよ雪マークが・・・。う~ん、カリフォルニアはこのままで終わりにしてしまったりして・・・。


久しぶりの長岡(栃尾)遠征

11月26日火曜日、ウィークディの晩が快晴に恵まれちゃいました。
先月末来の徹夜撮影の疲れがまだ抜けきらず、翌日の仕事の事も気になりましたが、同好会の面々は既に撮影ポイントで撮影に入っているころ。悩みましたが、結局わたしも参戦してまいりました~。

撮影風景
2019-11-26-道院星空撮影会-J-2000.jpg
右から、けんちゃさん、わたし、njpさんとeclさんが重なって、dob63さん、の5名

この日は久しぶりに5名の大人数での星空撮影会となりました。大勢は楽しいですね。この日も流れてくる薄雲に悩まされての撮影でしたが、天文談議に時間を忘れて楽しんできたところです。おかげで昨日今日と眠くて眠くて大変です~。

さて、撮影してきたのは先日構図からして失敗してしまった「かもめ星雲 IC2177」です。この日はご一緒した5人の内、けんちゃさんとeclさんも同じIC2177を撮影されていて、さながら3名での「かもめ星雲祭り~!」でした。

今回、わたしは先日のリベンジな事もあり、今度こそそれなりの画像をゲットしたいところでしたので、ちょっと緊張しながらの構図決めでした。これが中々に難しかったんです。IC2177がかなり大きな星雲なことから、わたしの機材ではやっと収まるかどうかのキチキチな構図だったからです。試写を何度も繰り返して、ピントも確認して、あと何だったけ~?
と、そうそうバーティノフマスクを取り外して、と・・・。
あぶないアブナイ。また得意のバーティノフ星雲量産の危機でした~。(汗;)

かもめ星雲(わし星雲)IC2177
1J-New-IC2177-TIFF1-NIK-Gmask-Hmask-1-2-2000cb1-cbhosi.jpg
TOA150B (TOA-35 RD 0.7X) 775mm F 5.2 U-150赤道儀 SR-20コントローラー M-GENスーパーガイダー  EOS 6D(HKIR改造) iso 1600 300secX35枚  total 175min  SI8にてダーク・フラット処理、Raw現像、コンポジット、 SI8、PS CS5を併用してレタッチ

いろいろ問題も多々ありますが、薄雲襲来のせいにいたしましょう。(笑)
それでも、先日の近場の公園の空よりもこの日の山の空の方が透明度が高く、薄雲攻撃もこの日の方が程度はましだったようです。この前と大して変わりない、同じような処理をした割には星もシャープになってくれているようです。
また、前回は薄雲の影響の大きなカットも全部使ってコンポジットしてましたが、やはり薄雲通過中のカットはガイドも不安定で星像肥大してました。今回は、泣く泣く一部の影響の大き目なカットは除外してます。これが効いているのかもしれません。
画像処理のちょっとやり過ぎ感は前回同様です。(汗)反省してま~す、、、。(汗)
まあ何より、とりあえずはこの画角でも南の翼端の明るい部分(Sh2-297)も何とか入れることが出来ましたので、今回はまずはこれだけでも前回のリベンジ成ったって事にいたしましょう。めでたしめでたしです。(笑)

この晩も、いよいよ撮影開始したところ、ほどなくしてやはりまた薄雲がやってきてくれちゃいました・・・。さっき迄、あんなに快晴だったはずなのに、今年は何だかいつもこんな具合です。
曇った時にはダーク撮影に切り替えて、5人で天文談議です。大勢ですとやはり楽しくていいですね。そうこうしている内にまた快晴。皆さん慌てて撮影再開です。この日は、こんな事を2~3度繰り返したでしょうか。確か4時くらいになった時、本曇りになってきたので撤収でした。
皆さん、大変お世話になりました。とても楽しい撮影の晩でした。またよろしくお願いいたしま~す。


薄雲越しのカモメ星雲 IC2177

さてさて、今回もいつもの薄雲越しシリーズとなってしまいました。
11月23日祝日の晩は2連休で新月期の休前日でした。GPV予報は良くありませんでしたが、Windyさんのお告げでは10過ぎまで快晴だったので、2時間露出できれば何か撮れるかと思い、ダメ元で良く行く近場の公園駐車場まで行ってきました。空の暗さは魚沼の山のポイントからは数段落ちますが、市街地から近い事もあって良く撮影に利用させてもらってます。
7時前に到着した時にはもう真っ暗、透明度の良い快晴の空の下、設営に急ぎます。と、やはりいつものパターンなのかいよいよ撮影開始しようと思った8時過ぎ、薄雲が・・・。それでもめげずに通過する薄雲の波の合間から撮り始めたところ、しばらくしてeclさん登場!やはり同じことをお考えだったようです。差し入れの珈琲で暖を取らせてもらいながら、1時間ほどしたころ、スッと薄雲が消え去って、きれいな冬の天の川が現れてくれました。この撮影ポイントとしては最高の星空だったようにも思います。
その後も定期的に流れてくる薄雲の波状攻撃に悩まされながらですが、月の出過ぎた3時過ぎまで天文談議を楽しみながら、楽しく撮影してきたところです。
さて、この晩撮ってきたのは、いっかくじゅう座のIC2177カモメ星雲(わし星雲)です。前から撮ってみたかったんですが、なかなか撮るチャンスに恵まれなかったため、今回が初撮影になりました。いっかくじゅう座となってますが、おおいぬ座との境界付近でシリウスのちょっと左上(北東?!)冬の銀河の中の代表的な大型の散光星雲です。赤い星雲とそれを取り巻くように混在する青い星雲が美しく、ベテランさんたちの素晴らしい作例を眺めては今シーズンこそは挑戦してみようと思っていた対象でした。
日が変わった頃から3時過ぎまで、三時間以上シャッターを開けてきましたが、オーロラの様に波状に押し寄せる薄雲のため、使えたカットは合計2時間ほどでした。それでも、これで今新月期のボウズは逃れることが出来ました。画像処理の練習題材もゲット出来てこれでしばらく楽しめると思います。まずは、めでたしめでたし。

カモメ星雲(わし星雲)IC2177(NGC 2327カモメの頭部)
J2000-IC2177-2-TIFF-2.jpg
TOA150B (TOA-35 RD 0.7X) 775mm F 5.2 U-150赤道儀 SR-20コントローラー M-GENスーパーガイダー  EOS 6D(HKIR改造) iso 1600 300secX25枚  total 125min  SI8にてダーク・フラット処理、Raw現像、コンポジット、 SI8、PS CS5を併用してレタッチ

今回も仕上げの処理にStarNet++を利用して作った星マスクのようなものを使ってみました。マスクを使ってのレタッチは始めたばかりでまだあまりうまく活用できていません。今回は、またちょっと炙り過ぎちゃったかな?!ばら星雲以上に銀河の星やバックグラウンドの星雲の濃い感じがして、ついつい焙ってしまいました。う~ん、五里霧中の勉強中です。、。

あと、構図が今一だったようです。構図決めの時にeclさんが隣に来てアドバイスして下さっていたにもかかわらず、翼の南端の明るい星雲部分が切れちゃってました。と言うか、北側にも淡い星雲がずっと続いている部分なので、どうぜ入りきらないだろうとその部分は端から諦めて構図を決めてしまったんです。・・・が、今確認してみるともう少し写野を南に振れば入ってくれたようにみえますね。う~ん、折角頂いたアドバイスも活かせず・・・。反省して、次回の再撮リベンジのチャンスを待とうと思います。


秋の収穫~ Rosette Nebula

またまた暫くぶりの更新です。
今年の夏はあまり晴れてくれなくて、ずっと何も撮れずに燻ぶっていましたが、ようやく十月末になって新月期の晴れ間が訪れてくれました。
久しぶりに撮影に出かけてきた、十月末から十一月初旬の報告です。

10月30日、夕食を終えて、久しぶりに家族でケーキなどを食べた後、まだその時点では曇っていましたが、久しぶりの深夜の晴れ予報に遅くなってから近くの公園まで出かけてきました。出動時の車はこの夏からスバルのクロスオーバー7となりました。けんちゃさんのCO7の真似をしたわけではないのですが、クルマを真似したことで天体写真も上手くなれないかなぁ~。(笑)
さて、このところクマ出没が頻発している新潟県、山間の駐車場で真夜中一人で過ごすのはあまり気分の良いものではありませんでした。時折森の中からガサ、ガサという足音や、獣か鳥か分からないギャ^ギャーという鳴き声なども聞こえてきます。車のラジオで深夜FMを流してはいましたが、その都度、ビクビクもんでした~。
おまけに空の方も快晴のGPV予報が悪い方に外れてしまい、終始薄雲と地表をはう薄霧の襲来にやられた晩でしたが、それでもめげずに明け方まで一応3時間以上撮ってきたのです。が、後で見ると撮ってきたコマはどれもドンヨリ模様。
このままでは、今新月期もまた釣果無しと思いきや、11月5日の晩、また晴れ予報が!リベンジにと、また同じ公園駐車場に深夜出掛けてきました。また、クマの気配に怯えながらの撮影かと思いきや、この晩はeclさんも参戦してくださいまして、クマの事などすっかり忘れて天文談議を楽しみながら朝まで撮影してこれました。ただ、この晩も定期的に襲来する薄雲の攻撃にすっきりしたカットはほとんど撮れずじまい・・・。それでも、また2時間強シャッターを開けて帰ってきました。今回はこのくらいで勘弁してもらおうかと思っていたところ、何と一日開けて8日の晩がまた晴れ予報!寝不足でうれしいのか辛いのか分からなくなりました。この晩、予報は快晴だったのですが、11時頃自宅から見上げる空は雲量ほぼ100%。ただ、この日の月没は2時40分、それまでに回復してくれることを願って、また近場公園に出動いたしました。公園の空も雲が覆っています。諦めて帰ろうとした1時過ぎ、三度目の正直とばかり、あっという間に晴れ渡り、満天の快晴となってくれました。いや~、諦めて帰らなくてよかったです。
機材を設置し、月没が2時40分なのに、待ちきれず2時半くらいから撮影開始。と、まさにその時、またまたeclさん登場!差し入れごちそうさまでした~。m(₋₋)m この日は待ちに待った快晴の楽しい撮影の一時となりました。薄明開始が4時40分頃、約2時間の撮影でした~。いやー、寝不足の疲れからまだ復活しきれません・・・。

こうやって、3夜掛けて撮ってきたのは、メジャーどころのばら星雲でした。オリオンや馬頭とも迷いましたが、この辺ではばら星雲が一番好きなのかもしれません。2年前にも撮った対象でしたが、その時はまだノーマル6Dだった事、そしてその時も薄雲にやられながらの不完全燃焼だったことから、この秋は晴れたらばら星雲と思っていたのでした。

ばら星雲 The Rosette Nebula 、NGC 2237-9, 2246、Caldwell 49
bara星雲-8-93-J-2000.jpg
TOA150 B (67FL) 1090mm F 7.3
U-150 赤道儀 SR-20コントローラー M-GENスーパーガイダー 
EOS 6D(HKIR改造)iso 1600 600secX48枚 60secX10枚 合計490分
SI8にてダーク・フラット処理、Raw現像、コンポジットまで一括処理
SI8とPS CS5を併用してレタッチ
今回からStarNet++によるStarless画像から星マスクと星雲マスク的なものを見よう見まねで作ってみました。
いろいろ利用価値が有りそうです。

薄雲フィルターによる悪影響のほどは良く分かりませんが、結局全部足したのが一番見栄えがしたので、有るだけコンポジットです~!
けんちゃさんやnjpさんはじめ浅葱の皆さんからいただいたアドバイスもあって、一昨年のばら星雲よりはきれいになったと思います。星もなんちゃってマスクを使って白トビを抑えたつもりです。相変わらず炙りまくってしまう悪い癖は抜けきれませんが、今年のバラ星雲はこれくらいで勘弁してもらおうとおもいま~す。
でも、また見返すと弄りたくなってしまうかも・・・。とりあえずの初版バージョンてことにしておきます。(笑)


ウェブリブログ 勝手にページのデザイン変更?!

先日、このブログを開いてみたところ、知らぬ間にページデザインが変更されてました。タイトルバックに入れていた写真等も無くなっています。そこで、どうしたのかと久しぶりにログインしてら、ログイン先のページもデザインが大幅変更されいました。
機能向上のためなんだとは思いますが、私などには前のままが良かったです。また、自身のブログのページデザインや設定の変更、そして使用していた写真が見えなくなっている等、とても残念な状態です。
かれこれ9年?もうすぐ10年利用させてもらっている身なため、文句を言える立場ではないのかもしれませんが。とても残念な変更でした。
データ容量の上限も近い事ですし、これを機にブログの引っ越しを考えた方が良いのかななんて思っているところです。
さて、どこに引っ越そうかな、めんどくさいなあ~・・・。