久方ぶりのスキー、 2019-2020モデル試乗

久しぶりの更新はスキーの話題になりました。
星空関係はもう少し暖かくなってから再開する予定です~。

先月、学生時代からの古い仲間達に誘われて数年ぶりにスキーに行ってきました。とても楽しいスキーだったんですが、やはり年寄りの冷や水だったようで、その後古傷のある膝が腫れちゃって今でもまだ腫れが残っちゃってます・・・。いや~、参りました。
とは言いながらも、久方ぶりのスキーは大変楽しくて10年ぶりくらいにスキー熱が盛り上がってきてしまいました。
一緒に行った仲間達はみんなブーツに板、ウェアと最新バージョンでビシっと決めていました。一方の私はといえば、何もかも10年近く前のモデル・・・。そこは腕(脚?)でカバーと行きたいところですが、元々脚も負けているのでした・・・。
そこで、来シーズンにはせめて何とかスキー板だけでも新調しようと思い、この10日は、魚沼市のスキー場で行われたスキー試乗会に行ってまいりました。老体にムチ打って腫れたひざにサポーターを巻きつつ・・・。
何事もまずはマテリアルから!?ってことで。(笑)

画像

行ってきたのは山頂レストハウスに天体観測ドームを備える須原スキー場です。規模の小さなスキー場ですが、天体ドームを見ているだけでもいい気分。天文ファンでスキーヤーの方にはとても居心地のよいスキー場です。(笑)

画像

のんびりとお昼に到着して午後券で滑り始めた時はこの通りの良い天気でした。
遠くの高い山は、左が守門岳、右が浅草岳です。この辺りは冬はこの通り深~い雪に埋もれてしまいますが、星空がとてもきれいな地域です。雪が消えた頃には、あの辺のどこかで星空撮影しているかな。

画像

自前の板でちょっと滑った後、当日受付をし参加料金お支払いして、早速試乗させていただきました。
狙いは操作性の良さそうなSL系オールラウンドモデルです 。


画像

FISCHER RC4 WC SL Men CURV BOOSTER 165cm/(>12.6m)
最初に借りたのが、この日もっともハードな競技用SL板でした。
気温10℃の春のグサグサな雪で、直前に滑ってみた自前のRossignol LT Ti ではザクザクの雪の上でエッジが効かずにズルズルと落とされ放題でどうにもこうにも滑りにくかった中急斜面だったのですが、それがこの板ではウソのようにエッジが効きました。表面のグザグザな雪を切り裂いて下に隠れている固まったザラメの層にエッジが食いついてくれました。ビックリです。
板の重量をとても感じましたが、その分安定感もすごく高かったです。でも、振り回せる気は全くせず、この板でコブは無理と感じました。本来の性能を発揮できる硬いバーンで試乗してみたかったですね。多分乗りこなせなかったとは思いますが。

画像

FISCHER RC4 WC SC RACETRACK 160cm/122-68-103(13m)
とても興味があったフィッシャーのSCは残念ながら165cmが無くて、160cmでの試乗となりました。ですが、滑り終わったときには長さの事はすっかり忘れていたほどで160cmでも良いのかな!?と思った板です。最初のWC SLよりもずっと軽くマイルドで、板も軽快に振り回せます。その分、エッジグリップは少し弱くて、表層のグサグサ雪に多少流されながらのエッジングです。でも、良い感じ。簡単なコブなら入れそうな感触です。

画像

HEAD WC REBELS i.RACE PRO 165cm/122-68-102(13.6m)
写真がサチっちゃっててごめんなさい。実物は鮮やかな黄色のとても綺麗な板でした。
乗ってみた感触は、まず重さを感じたことです。特に、ブーツ前方が重くてリフトに乗っている間、フィッシャーのWC SL同様に膝にグッときました。滑り出してもトップ方向の重量感が安定性を生んでいるようで、滑らかな感触です。ただ、重量感の割にはフィッシャーWC SLのようなグリップ感はなく、フィッシャーのSCよりも弱い感じです。硬い雪でどうなのかが気になります。山回り後半で切れ上りが少なめのように感じたんですが、中~大回りまで、オールラウンド性能は高そうに感じた板でした。ただ、重量感から、わたしには振り回すことが出来なさそうに感じましたので、来期の候補にはなりませんでした。

画像

SALOMON S/RACE MT 165cm/120-73-103(15m)
サロモンはSL系が出払っていて、これを試してみました。この写真もサチっちゃっててごめんなさい。とても軽い感じの板で、グサグサ雪の上半分を滑っているような感触です。また、オールラウンド性は高い感じですが、安定性もグリップ感もともに弱めで、パッとしない印象でした。春のグサグサ雪での印象なので、何とも言えませんが、スペックから想像した通りの中庸な感じでした。

画像

Volkl RACETIGER SL DEMO 165cm/127-68-103 (13m)
この写真もサチっちゃってこのますね~・・・、ごめんなさい。実物はもっと綺麗なカラーリングです。
フィッシャーSC とともに、この日の注目機種でした。元々、フォルクル好きなんで、期待してましたが、期待以上の好感触でした。まず、特筆すべきは軽い事です。そして、軽いのに安定感が高い事。そして、グリップ感もフィッシャーWC SL 程のガッツリグリップではないですが、それに次ぐグリップ感で、トップからテール迄しっとりとグリップする良い感触です。中回り、大回りも、今乗ってる PLATINUM SD と大きな違和感はない感触でこなせます。やはり、フォルクルのSL系はいい感じです。硬めの雪で撓みの感触がどうなのか知りたいところです。
PLATINUM SD は軽快でエッジも効き、良く走る爽快な板と思ってるんですが、わたしの技量ではあまり撓ませることが出来ず、ソリッドな感触です。もう少ししっとりと撓んでくれる板が欲しいと思っているところです。このSL DEMO には期待できる感じがしました。


画像

ATOMIC REDSTER S9i 165cm/118-68-104 (12.7m)
この板、思いの外とっても好感触でした。フォルクル SL DEMO と同じようにとても軽いにもかかわらず安定感のある板です。グリップ感も重みを感じる良い印象です。もしかしたら、硬いバーンでは PLATINUM SDよりもしっとりと噛んで撓んでくれるのかもと期待できる印象です。コブへの入りやすさは操作性に勝るフォルクル SL Demo の方が少々上か!?中回り、大回り含め、もっと良い雪質でも試してみたい板でした。
アトミックはここ数年でデザインが良くなり、軽くもなってきているとの噂で気になっていた板ですが、予想以上に好印象で、このS9i は来期候補に急浮上しました。


画像

Volkl RACETIGER SX DEMO  163cm/125-74-104 (14m)
この板も、フォルクルのオールラウンドモデルということで、もしかしたら本命になるかもと期待していた板でした。
実際に試乗した感想はとても変わった乗り味でした。ある意味、最も印象に残った板だったかもしれません。安定感もある中で振り回せる感じもあり、その点は良い感じなのですが、ターン中に雪を削る感じが少なくてツルンツルンとサイドカーブなりに良く回ってくる感じです。グリップはしてくれているんですが、削る感触が軽過ぎて少々心許ない感触です。ただ、わたしが良く踏めてないだけなのかもしれません。が、何か違和感のある乗り心地でした。
トップ・テールロッカーの板だったようで、この手のタイプの板には初めて乗りました。それが違和感の大きな理由でしょうか。私の好みではないってことが確かめられた点、試乗できて良かったと思いました。


この試乗会での印象を基に来シーズンのスキー板をじっくり検討した結果は、
1位 Volkl RACETIGER SL DEMO 165cm
2位 ATOMIC REDSTER S9i 165cm
3位 Fischer RC4 SC 165cm

1位と2位はとても僅差でした。随分悩んだ末にフォルクルを1位に決めました。

そして、この21日の春分の日、フォルクルを買うならここの店と決めている馴染みのスポーツ店に来期モデルのRacetiger SL Demo を予約しようと行ってきました。そこはフォルクルとディナスターの専門店の様なお店で、その外の板はあまり置いてありません。値引きも殆ど無い今時珍しいちょっと変わったお店なのですが、チューンナップがとても上手なことで有名です。面倒見もとても良いので、フォルクルとディナスター買うなら、とってもおすすめのスキー専門店です。

実は、来期モデルの予約のつもりだったのですが、お店でいろんな板を見ているうちに思い立ったが吉日なせっかちな性分が顔を出してしまい、結局お店にあった今期モデルを買ってきちゃいました!
画像

2018-2019 Volkl RACETIGER SL WC D  165cm/ 118-65.5-101 (13m)
純SL競技モデルにやさし目のビンディングを付けたSL競技入門モデルとのことです。来期モデルも表面のデザイン変更だけで中身はほぼ変わりないとのことで、決めちゃいました。この日は無理言って、直ぐにチューンナップもお願いして、夜まで待って持ってかえってきました。

競技スキー経験など無い単なるサンデースキーヤーとしては最初は尻込みしました。ですが、説明によれば、競技だけでなくバッジテストなどスキー検定用としても非常に評価の高い柔軟性のあるモデルだそうで、ショートターンが上手くなりたい一般ゲレンデスキーヤーにもおすすめと言われ、ついつい。
スキーの検定、若い頃はけっこう嵌まってました。最後に受けたのは15年以上前になるでしょうか。案の定しっかり落ちて目標のバッジには手が届きませんでしたが、とても楽しかった良い思い出です。50も過ぎて、もう検定を受けることなど無いでしょうけれど、あのゼッケンを着けて滑る何とも言えない緊張感が懐かしく思い出されます。

さてさて、今度の板は間違いなく今まで買ったスキーの中で一番の上級モデルです!
乗りこなせない予感満載ですが、ファーストランが楽しみです。


この記事へのコメント

Toshihiko Sato
2019年03月24日 02:33
ありゃ~、フォルクル買っちゃいましたか。てか、詳細な試乗会レポート、すごいです。興味深く拝見しました。そのうち、AnotherSkiにも記事のリンクが載りますね!
ぼくもフォルクルは好きです。もう手元にありませんが、フォルクルのロング系の板(175cm)は、今まで乗ってきた板の中で最もお気に入りでした。
フォルクルも数年に一度しか金型変えないので、その板を買われて正解だったと思います。ぼくは今年もスキーに行きませんでした。1月中は膝の調子がイマイチで、やる気が湧かず。昨年は板もK2のSpeed Charger(168cm)を残して、他は処分してしまいました。もうレースプレートの付いている板は乗ることはないでしょう。
足元が重くなればグサ雪での安定感は増しますが、膝にも負担かかりますしね。
165-170cm基準で3100g前後がぼくの好みです。以前は3400g台でもなんともなかったのですが。来年は復活したいと思っています。
ちーすけさんも、来シーズンは滑りまくってください。
(チューンナップ大切ですよね。乗り味全然変わるので。信頼できるお店が身近にあってよかったですね。)
ecl
2019年03月24日 12:56
実は趣味としては、こちらが本業?的なコメント。
一緒に滑ったことないですが、これだけのインプレレポートができるということは、相当な上級者とお見受けしました。
もう25年も前にボードに転向した私から言われても嬉しくないでしょうけど・・・。
今年は、山にはたっぷり雪が有ります。
ファーストインプレレポートを近いうちに拝見できそう。
ちーすけ
2019年03月24日 20:48
Satoさん、こんばんは。
結局、またフォルクルにしちゃいました~。どうも好きなんですよねフォルクルの感触が。AnotherSkiは今回良く眺めていたページです。そういえば、ずっと前、前のフォルクルSDのインプレッションをブログに書いたらいつの間にかリンクに乗せてもらってたことがありました。どうやって見つけてるんでしょう。ビックリしました。
ちなみに、私のインプレは全然当てになりませんよ~。主観オンリーで~す。(笑)
わたしもこの数年、体調不良でスキーからは遠ざかっていました。去年はゼロ、一昨年も家族を連れて1回行ったかどうかでした。でも先月久しぶりに馴染のスキー仲間と滑りに行ったら、やはりスキーは楽しいと再認識!関節痛にもめげづにスキー熱が再燃しちゃっています。Satoさんも是非来シーズンはスキー再開されてください。星だけでなく、スキーでもいつかご一緒できると良いですね。
ちーすけ
2019年03月24日 21:16
eclさん、こんばんは。
わたしのインプレは素人がそれっぽく書いただけです。いい加減なもんです。上手くなくても書いたモン勝ちってところっす!これホント。(笑)
AnotherSkiにリンクされてるエキスパートさんたちの試乗記を読み漁っていたおかげで、それっぽいコメントが浮かんできてしまいました~!これもホント。(笑)
わたしは星もスキーも中途半端で、残念ながらエキスパートには成れずじまいです・・・。う~む・・・。
いつかスキー、スノボでもご一緒しましょう。eclさんのあのカービングターンを直に見てみたいです!
RIM
2019年05月10日 16:22
初めまして。リムと申します。

ちーすけさんのインプレを拝見して、私も同じく須原試乗会に参加したこと、フォルクル・ディナスター専門店でかつてお世話になっていたことを理由に初コメントをさせていただきました。
私は毎年、須原の試乗会に参加しています。165cmのゲレンデ用の、トップがやわらかく、足元がどっしり、トーション硬めという板が好みです。
かつては完全なフォルクルファンで、P20、P40、レーンタイガー、マグマを楽しんでいました。小さな工房で命を吹き込まれるチューンナップの様子を見ながら、職人さんのお話を有り難く拝聴していました。私のブーツはラングでストックはスウィックスでしたよ。最近はなかなか行けなくなってしまいましたが。

再開されたスキーライフを充実したものにして下さい。



ちーすけ
2019年05月10日 22:35
RIMさん、はじめまして!
リムさんもあの日の須原での試乗会に参加されてらしたんですね!
また、〇内スポーツの常連さんからコメントをいただき、とてもうれしいです。
マグマにまで乗ってらしたとは、リムさんはかなりなフォルクル通でらっしゃいますね~!私もフォルクルはP9の頃からのファンでしたが、マグマは高くて手が出ませんでした。(泣)が、長い事私もフォルクルにラングにスウィックスでしたよ。(笑)
リムさん好みの感じの良い板は見つかりましたでしょうか。Headなんかがそんな感じなのかな?
私も時々他のメーカーの板も履きたくなって浮気します。
ですが、また今回はフォルクルに回帰しました。そしてフォルクルは決まってあのお店で買ってます。社長のカンナ掛けは一見の価値ありですよね。最近はお歳なこともあって、二代目さんがメインでチューンナップ等されているようです。それでも、社長さんのお元気なお顔は拝見してきました。
文面からリムさんは最近は他のメーカーに乗られているのかもしれませんが、またフォルクルやディナスターって時には行ってみられて下さい。相変わらず、良い感じのお店でしたよ。

この度は拙いブログにコメントをいただき、どうもありがとうございました。
それでは、リムさんも素敵なスキーライフを!!